キーワード&リサーチ

せどらーが見落としがちなAmazonの重要ポイント

今日は、せどり視点で考えない人が多いけど
実はすごく大事なAmazon機能をお伝えします。

Amazonはグーグルだ!

2019年はAmazon自身が広告媒体としてのし上がり、 Google、FBとAmazonの3強になるといわれてます。

2019年はAmazon自身が広告媒体としてのし上がり、
Google、FBとAmazonの3強になるといわれてます。

大事なAmazon機能はなにかというと、
便利なボタンがついたとか、そういうレベルの話しではなく、
Amazonの「検索サイト」としての役割です。
検索サイトとして有名なのは言うまでもなくグーグルです。

「ググる=検索する」という言葉があるほど、グーグルに馴染んでいる人がほとんど。
そして、このグーグルに広告料を支払いまくっているのがAmazonなんです。

商品名をぐぐると、
たいがいのものはAmazonのものが検索上位にきますよね?
これはAmazonがGoogleに広告料を支払いまくっているおかげです。

これがせどりとどう関係あるかというと、
個人経営のお店の商品なんかでも、
それをAmazonに登録すると
グーグルで上位表示されるようになるのは、Amazon商品の方だということです。

例えば3月上旬に満天の青空レストランで「たまり醤油」が紹介されました。
これは「南蔵商店」というお店が作っている醤油で
南蔵商店は直販サイトも持っています。

でも今、グーグルで商品名の「わらべうた たまり醤油」で検索すると
トップ表示されるのはAmazonの「わらべうた たまり醤油」商品ページなんです。
しかも2番目も!
amazonkensaku

では、南蔵商店のサイトは何番目かと言うと
個人ブログが3位にきていてその次、4位で表示されています。

Googleで見つけてAmazonで買う!が定番に

こういう事態がいろいろな商品で起きています。

●Amazonが在庫を持たない商品

●メーカーがそこまでグーグル広告に力を入れていない商品

●大手メーカー商品であっても期間限定、数量限定などのため
広告費をそこまで投入していない商品

●アフィリエイターが狙わないキーワード

こういう商品は、
自分でAmazonに新規カタログ登録するだけで上位表示されやすく
この検索順を、せどりにもうまく利用すると、売れやすくなります。

なぜなら、ネットで買い物する多くの人は、
アカウントを持ってない個人商店で買うより すでにアカウントを持っていて
見慣れている、買い慣れているAmazonで買いたい。
しかも、グーグル検索したときに、
上位2,3位までは見るけど、それより下は見ないからです。

全員が全員そうではないですが、圧倒的に多いのがこのパターンなので、
ここにせどりのつけ入る隙があります。

この、たまり醤油せどり。
テレビで話題になっていた頃は定価の2~4倍でドシドシ売れていました♪
検索を意識した事例は、たまり醤油以外もあるのですが、
それは長くなるのでまた次回紹介しますね!

ピックアップ記事

  1. あえてテクニカルサポートに電話するメリット
  2. 【出品の工夫】おまけなし&高いのに売れていく理由
  3. 【送料】え?ヤマト便で160サイズ以下の荷物は送れません!?
  4. カタログ作りは絶対に自分でやるべき理由
  5. モノレート終了後の店舗せどりで役立つ意外なアプリ
せどりツール"
モノレート終了の対策"

緊急!コロナ不況を乗り切る

コロナ不況の乗り切り方"

カテゴリー

固定ページ

  1. ■新型コロナ対策

    マスク転売禁止で転売は終了した、はまちがい
  2. ■せどり

    今すぐできるモノレート閉鎖の対処法2つ
  3. キーワード&リサーチ

    【せどり送料】いよいよヤバイ!送料値上げ祭り
  4. モノレート閉鎖対策

    モノレート閉鎖・・・この先「せどり」やっていけるの?
  5. お悩み相談室

    楽天で生年月日を変更できた!手続き一部始終みせます!
PAGE TOP